TOP / 製品情報 : IBS製品 / ガス発生装置 / 窒素ガス発生装置 / PSA窒素ガス発生装置 INHPシリーズ

ガス発生装置 > 窒素ガス発生装置

PSA窒素ガス発生装置 INHPシリーズ

写真をクリックすると切り替わります。

特 長 製品ガス使用量に応じて原料空気を低減させる省エネ運転特許技術と
複数のPSA ユニットを制御する台数制御省エネ運転特許技術を活用した集大成!
仕 様 ■方式PSA
■純度99~99.999%
■発生量6~76Nm3/h

PDFカタログダウンロード



形状および寸法は予告なく変更することがあります。

PDFファイルをご覧いただくためには、最新のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください(無料)。

<HIGH-PERFORMANCE:低圧原料エアーでも高性能>

省エネ効果の高い低圧コンプレッサー(0.69MPa)を前提とした装置設計。
省エネ対応した低圧工場エアーでも、従来と同じレベルの窒素ガス発生が可能です。
※エアーの圧力を0.1MPa 下げれば、約8%の電力削減につながります。

<高吐出圧力・低騒音・高さを抑えた省スペース設計>

アルミパイプを使った第二種圧力容器の適用を受けないPSAユニットを2~6ユニット内蔵しています。
複数ユニットの吸脱着サイクル時間を等間隔で遅らせて運転することにより、供給される原料空気の圧力に対し吐出窒素ガスの圧力低下を最小限に抑えます。
また、排気工程を順番に行う為、発生量が多くなっても騒音は最小限。【60dB(A)以下】
装置サイズは大幅な小型化を実現、特に高さを低くして設置場所の制限をなくしました。

<独自の制御技術を使った省エネ運転モード>

発生量に応じてユニットの稼動台数と吸脱着時間を切り替えて、純度を維持したまま原料空気を低減させる省エネ運転モードを搭載、タッチパネルを使って簡単に設定を行うことが可能です。

<高耐久で長いメンテナンスサイクルを実現>

ユニット切替弁には全てエアーオペレートバルブを採用、原料空気の管理(油分・水分)を除けば、メンテナンス周期を2年間(20,000時間)とし、ランニングコストも低く抑えました。

<大型(8インチ)タッチパネル採用で簡単操作>

高輝度LEDバックライトを搭載した視認性に優れた画面で、明るい場所でも見やすく6万時間以上の長寿命運転状況や運転モード設定、メンテナンス管理等を簡単に確認・設定が可能です。

<Ethernet機能搭載>

装置にEthernetインターフェース(LAN)を搭載しています。
ネットワークに接続すれば、事務所や離れた場所からパソコンやスマートフォンを使った遠隔監視、操作までも可能です。

<レイアウトフリー・オイルミストフィルターユニット>

装置へのアクセスポートは左右・背面いずれからでも設定可。
オイルインジェクションコンプレッサーを使用する場合に専用オイルミストフィルターも装置に取り付けすることも可能です。(別置き可)
※オイルフリー圧縮エアー以外の場合は必ず必要となります。

仕 様

※1.製品ガス発生量は原料空気温度35℃(湿度85%R.H)条件となります。20℃(湿度60%R.H)では10%程度アップします。
※2.原料空気条件によりN2ガス発生量、原料空気量が【係数】分 変わります。
係数=(0.1MPa+原料空気圧力)÷(0.1MPa+0.69MPa)
※3.標準キャスター(アジャスターフット付)を付けた場合92mm高さがアップします。

前の製品ページ カテゴリーページへ戻る 次の製品ページ