TOP / C S R ~IBSの取り組み~ / 環境への取り組み

環境への取り組み

ISO14001(環境マネジメント規格)を取得しています。

2007年11月:ISO14001 :2004 認証取得 環境管理を通じた社内システムの構築を目指す。

株式会社IBS 日本法人と株式会社エムテックのみ

環境方針

   

環境理念

私たちIBSグループは、利害関係者と 「環境と調和」のとれた企業活動を追求し、共に感動できる持続可能な社会に貢献する循環型社会の実現に挑戦する。アジリティで、且、規制要求を満たし、環境影響を特定し、安心と安全に努め、適切な情報開示を行い、環境マネジメントシステムのの有効性を継続的に維持し改善する。

環境目標

  • ● 1.利害関係者と共に感動できる「環境と調和」とは、当社の事業活動を長期的に存続、向上させながら環境への影響を最小限にとどめることである。

  • ● 2.持続可能な循環型社会の実現は、SDGsの実現に具体的に寄与する活動で表現される。

  • ● 3.積極的に環境活動に取り組む自社製造品・グリーン調達品の供給、省資源、省エネルギーの推進、廃棄物の適正な分別を行い、環境保護、汚染の予防に努める。

  • ● 4.法的要求事項及び当社が合意するその他の環境要求事項を遵守する堅牢さをもった体制を具現化する。

  • ● 5.成果の出せる環境方針、目的目標を定め、常に評価し、見直し、実践的で有効な力量教育を実施する。

  • ● 6.想定外の課題は、予告なく頻繁に起きると覚悟し、リスクもチャンスと捉え、俊敏な判断と行動力を備えたリーダーシップ、組織を構築する。

  • ● 7.安心と安全な活動をすべての利害関係者に届けることも重要な役割である。信頼を得るための是正処置を恐れず実施し、セキュアな環境づくりに腐心した仕組を作り込む。

  • ● 8.環境マネジメントシステムの有効性を維持し、継続的改善を行うには、誰かがやるではなく、社員一人一人の関わりが推進力となる。方針の社内外への公開、情報の見える化、DX対応、働き方改革を進め、開発から製造現場まで、互いに協働できる職場環境を実現する。

当社グループの取り組み
  • ISO14001又はそれに準ずる活動をする企業の製品の売上金額を増やす


  • 不良品の削減


  • 電気使用量の削減
    (維持管理目標)

  • OA用紙の使用量削減
    (維持管理目標)

  • 一般廃棄物の分別
    (維持管理目標)

  • 産業廃棄物の適正な取扱い
    (維持管理目標)

  • 廃棄梱包資材の削減
    (維持管理目標)

  • グリーン商品購入比率の向上
    (維持管理目標)

  • エコドライブの推進
    (維持管理目標)


環境エコテクノロジー分野への展開

IBSグループ各社は、最先端技術分野である半導体、産業の要である重厚長大産業、種々の設備開発への製品提供は勿論のこと今後の私たちの生活に最も影響を及ぼすであろう環境エネルギー、健康、安全を担う分野に対して、積極的な営業展開を行っています。

ISO14001認証取得を行いグループ内で日々の環境への貢献を行うとともにその事業活動を通じて、環境貢献企業に対し営業展開を行っています。又、高齢化社会を迎える我が国の高度医療の発展に寄与すべく、多くの製品を提供しています。

  • 風力発電設備への製品の提供

    風力発電設備の要を担う部品として採用されています(主にチェックバルブ等)。


  • 燃料電池用機器への提供

    燃料電池の研究、開発、実用機の要を担う部品として採用されています(主にチェックバルブ等)。

  • 2次電池用機器への提供

    2次電池の研究、開発、実用機の要を担う部品として採用されています(主にチェックバルブ等)。

  • 原子力発電所設備への製品の提供

    厳しい製品基準をクリアーし、高寿命、安全性、信頼性を実現。原子力発電所の運転、原子力研究機関の研究開発、世界的な新型核融合炉実験プラントへの要となる製品を提供しています(メタルベローズポンプ、金属特殊シール等)。

  • 医療用、食品衛生用としての機器の提供

    在宅医療酸素発生装置を始め高齢化社会を迎える中、高度医療に対する高性能機器を支える要の製品を提供しています。 又、昨今の食品問題に対しても衛生管理、品質管理のために多くの機器を提供しています。(減圧弁、樹脂バルブ、シール材、ガス発生装置、ガス混合器、濃度測定器、フィルム透過測定器、在宅医療機器、リリーフバルブ他)